普通車の相続と廃車手続きを同時に行う方法

相続と同時に自動車を廃車にする方法

故人が所有していた自動車を廃車にする場合には、相続手続きと同時に廃車(永久抹消)手続きをすることができます

廃車にすることを『永久抹消』といい、一時的に自動車の登録をやめる『一時抹消』とは異なります。廃車による永久抹消は、文字通り永久に登録を抹消してしまうので、再度登録をすることはできません。

こちらでは、普通車を相続手続きと同時に廃車(永久抹消)手続きをする方法について千葉県林行政書士事務所が解説いたします。

※その他の相続後の利用方法につきましては、そのまま利用第三者に譲渡一時的に利用を停止するをご参照ください。

相続と永久抹消(廃車手続き)を同時に手続きする流れ

車検証の所有者欄の方が故人でお間違いがないか確認してください。所有者が第三者である場合には、相続は発生せず、第三者の方と手続きを進めていただくことになります。

所有者が故人でお間違いなければ、自動車をリサイクル事業者(解体業者)に引渡し、適正に解体処分してもらってから、永久抹消登録(廃車手続き)を行うという流れになります。

車検証の所有者の確認

リサイクル事業者(解体業者)に引き渡し

永久抹消登録手続き(即日)

永久抹消(廃車手続き)に必要な書類

申請書など
申請書などは登録当日に窓口で入手できます。

車検証

③印鑑証明書 (申請される相続人が用意)
申請相続人の印鑑証明書が必要になります。相続人全員の印鑑証明書は必要ありません。有効期限は発行日より3ヶ月以内です。(例)12月1日発行→3月1日まで有効

④戸籍謄本 (相続人、被相続人のもの)
死亡の事実および相続人全員との関係が確認できるものが必要です。なお、氏名等の変更があった場合はそれが確認できるものも必要です。

⑤委任状または実印 (申請される相続人が用意)
申請相続人の実印を押します。本人が直接手続きに行く場合には実印持参でも可能です。【記載例】【委任状

⑥解体に係る「移動報告番号」および「解体報告記録がなされた日」のメモ

⑦ナンバープレート(前後2枚)

⑧自動車重量税還付申請書類
車検残存期間が1ヶ月以上の場合、自動車重量税の還付を受けることができます。この申請には以下のものもあわせて必要です。

❶    振込先の金融機関名、支店名、口座番号、口座種類等
❷    代理人申請の場合は、代理人の印鑑
❸    自動車重量税還付金を所有者以外が受け取る場合は、所有者が自署・押印、または実印を押印し、受取人を受任者とした委任状
❹      本人確認(番号確認及び身元確認)書類
(a)番号確認書類・・・個人番号カード、通知カード又は個人番号が記載された住民票
(b)身元確認書類
▫︎所有者本人が申請する場合 ・・・個人番号カード又は運転免許
▫︎代理人が申請する場合・・・ 代理人の個人番号カード又は代理人の免許証
※永久抹消登録完了後、自動車重量税還付申請だけ後日行うことはできません

【相続による名義変更(永久抹消登録)】代行をご依頼される場合には、車検証(原本)・戸籍謄本(相続人と被相続人)・印鑑証明書(申請相続人)・委任状(申請相続人)・遺産分割協議書・ナンバープレート・解体証明書・自動車重量税還付申請書類などをご送付ください。

自動車(普通車)の名義変更の登録先

申請相続人の現住所を管轄する運輸支局で登録を行います。千葉県の管轄は、千葉県運輸支局一覧をご参照ください。

自動車(普通車)の名義変更にかかる費用

登録手数料無料
解体料1〜2万円程度

自動車(普通車)の名義変更にかかる日数

登録即日

相続による自動車の名義変更代行お任せください!

代行の流れ

1,お問い合わせ:電話またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。
2,必要書類のご送付:必要書類が到着次第、手続きを行います。
3,お支払い:料金は後払いとなります。

代行料金

こちらをご参照ください。

代行にかかる日数

名義変更のみであれば即日で完了いたします。

ご送付いただく書類

①車検証:有効期間内の原本が必要です。
②印鑑証明:申請される相続人のものが必要です。
③戸籍謄本:死亡の事実および相続人全員との関係が確認できるものが必要です
④委任状:申請相続人の実印が押してあるものが必要です。
⑤解体に係る「移動報告番号」および「解体報告記録がなされた日」のメモ
⑥ナンバープレート:前後2枚。
⑦その他
・自動車重量税の還付がある場合:自動車重量税還付申請書類

ご不明な点がございましたら、☎︎043-356-3253(9時〜20時)または、お問い合わせフォーム(24時間)からお気軽にお問い合わせください。