【移転抹消】名義変更と一時抹消を同時に行う方法

2022年8月20日

この記事を読むとわかること

普通車の移転抹消手続き方法
 軽自動車の移転抹消手続き方法

「自動車をもらったけど当分乗らないので、名義変更をしてから登録を一時的に抹消したい」などの場合は、名義変更と同時に一時抹消手続きを行う方法があります。

こちらでは『普通車の移転抹消』について千葉市林行政書士事務所が解説いたします。

普通車の移転抹消に必要な書類

自動車
必要書類(普通車)説明
☑️ 申請書(OCR1号、OCR3号)登録当日に運輸支局の窓口で入手できます。
☑️ 手数料納付書登録当日に運輸支局の窓口で入手できます。
☑️ 車検証原本が必要になります。
車検が切れていても手続き可能です。
☑️ 譲渡証明書旧所有者が用意します。
旧所有者の実印を押します。【記載例】【譲渡証明書
☑️ 印鑑証明書新旧所有者が用意します。
新旧所有者の印鑑証明書が必要になります。
有効期限は発行日より3ヶ月以内です。(例)12月1日発行→3月1日まで有効
☑️ 委任状新旧所有者が用意します。
委任状は代理の方がお手続きをされる場合に必要となり、新旧所有者の実印を押す必要があります。1枚の用紙でなく別々の用紙になっても構いません。【記載例】【委任状
☑️ ナンバープレート返納できない場合は理由書などが別途必要になります。
☑️ その他新所有者と新使用者が別の場合には、新使用者の住民票が必要になります。

軽自動車の移転抹消に必要な書類

必要者類(軽自動車)説明
☑️ 申請書( OCR軽1号、OCR軽4号)登録当日に軽自動車協会の窓口にて入手できます。
☑️ 車検証原本が必要になります。
車検が切れていても手続き可能です。
☑️ 住民票新所有者が用意します。
新しく所有者になる方の住民票(住所証明書)の写しまたは印鑑証明書が必要です。コピーでも可能です。有効期限は3ヶ月です。
※法人の場合は、商業登記簿謄(抄)本または登記事項証明書、印鑑(登録)証明書が必要になります。有効期限は3ヶ月です。なお、法人で上記書面が存在しない法人の場合は、公的機関が発行する事業証明書、営業証明書、課税証明書または電気・都市ガス・水道・固定電話料金領収書のいずれか1点が必要になります。
☑️ 申請依頼書新旧所有者が用意します。
押印は不要です。【申請依頼書
☑️ 税申告書登録当日に軽自動車協会の窓口にて入手できます。
☑️ ナンバープレート返納できない場合は理由書などが別途必要になります。

【Q&A】移転抹消の手続き

Q,[手続き先]移転抹消の手続き先は?
⇨A,新所有者の管轄運輸支局(軽自動車協会)で手続きを行います。

普通車新所有者の管轄運輸支局
軽自動車新所有者の管轄軽自動車協会

Q,[費用]移転抹消にかかる費用はいくら?
⇨A,普通車の場合には850円。軽自動車の場合には350円

普通車850円
軽自動車350円

ご覧いただきありがとうございました。千葉県の自動車手続き代行【名義変更:税込7,500円〜】をご希望の際は、林行政書士事務所までお気軽にお問い合わせください。