住所と違う場所で自動車を登録する方法

「住民票(印鑑証明書)以外の場所で、自動車を登録することはできるの?」という疑問をお持ちの方もいるかと思います。

例えば、「単身赴任先で自動車を購入したい」「別荘地や別宅で使う車を買いたい」など、住民票(印鑑証明書)の住所以外の生活場所で自動車を購入したいけど、登録できない?と思われている方もいらっしゃいます。

しかし、ご安心を!住民票の住所以外の場所でも登録することができます。

そこで、本記事では『住所と違う場所で自動車の登録をする方法』について千葉の林行政書士事務所が解説いたします。

住所と違う場所で自動車の登録をするケース

・単身赴任
住民票を移さずに単身赴任先で自動車を購入する場合。

・一人暮らしや寮生活
住民票を移さずに一人暮らしや寮に入る場合に自動車を購入する場合。

・介護
実家で介護用に自動車を購入する場合。

住所と違う場所で自動車の登録(名義変更)をするには?

住民票(印鑑証明書)の住所以外の場所で自動車の登録をするには、その場所で『車庫証明』を取得する必要があります。

車庫証明は、使用の本拠の位置と保管場所が2km以内にあれば申請可能です。

使用の本拠の位置は、生活実態の証明ができれば、住民票の住所でなくても申請可能です。

つまり、生活実態の証明ができる場所とそこから2km以内に保管場所が用意できれば、住所と違う場所で自動車の登録が可能です。

住所と違う場所で車庫証明を申請する方法

車庫証明の申請書の書き方

例えば・・・
・住民票の住所が、【千葉県千葉市若葉区1-1-1】
・単身赴任先や別宅(使用の本拠の位置)が、【長野県軽井沢町1-1-1】
・保管場所(駐車場)が、【別宅の敷地内駐車場】

車庫証明の保管場所使用承諾書の書き方

・保管場所 ⇨ 別宅の敷地内駐車場
・申請者住所 ⇨ 住民票の住所

車庫証明の自認書の書き方

・申請者住所 ⇨ 住民票の住所

生活実態があることの証明

住民票以外の場所で車庫証明を申請する際に、現地調査で確認が取れない場合には、実際に生活実態があることの証明として公共料金の領収書を添付する必要があります。

申請者の住所と使用の本拠の位置が異なる場合の申請
 審査や現地調査の結果、使用の本拠の位置の確認ができないときは、自動車の保管場所の確保等に関する法律第12条の規定に基づき、次のいずれかの書面の提出を求めることになります。
・使用の本拠の位置における公共料金の領収書
・使用の本拠の位置及び申請者名が明記された郵便物等
・居住又は営業の実態が確認できる書面の写し

住所と違う場所で自動車の登録(名義変更)をする方法

車庫証明が無事に取得できたら、あとは登録するだけです。

基本的な必要書類は通常の登録と同じですが、車庫証明同様、申請者の住所と使用の本拠の位置が異なるので、使用の本拠の位置における公共料金の領収書などの証明書類の添付が必要です。条件により必要書類が異なりますので、詳しくは、普通車名義変更手続きをご参考にください。

✅ 申請書
✅ 車検証
✅ 印鑑証明書
✅ 譲渡証明書
✅ 委任状
✅ 車庫証明
✅ 公共料金の領収書など


千葉県の自動車の名義変更代行お任せください!

✔︎ 代行の流れ

1,お問い合わせ:電話またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。
2,必要書類のご送付:必要書類が到着次第、手続きを行います。
3,お支払い:料金は後払いとなります。

✔︎ 代行料金
こちらをご参照ください。

✔︎ 日数
即日対応いたします。
※午前中指定で書類をご送付いただいた場合


ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

自動車登録

Posted by 884