普通車の名義変更に必要な書類や手続き方法|売買・譲渡・所有者変更

最近ではヤフオクなどのオークションサイトを利用して個人間で自動車の売買をするケースも増えています。

個人間売買では、購入後の名義変更などの事務手続きを自分で行わなければなりません。

自動車手続きに慣れて入れない場合、『自動車の名義変更』って何の書類を揃えればいいのかわからないですし、なんだか面倒ですよね。

しかし、面倒だからといって手続きを行わなかった場合には、50万円以下の罰金が課される場合もあります(道路運送車両法第百九条二項)

自動車は、所有者に変更があってから15日以内に名義変更(移転登録)を行う必要があります(道路運送車両法第十三条一項)が、「もうとっくに過ぎてる…」という方も、今からでも遅くありません!しっかり手続きをしましょう。

そこで、本記事では『普通車の売買・譲渡による名義変更手続き』について千葉の林行政書士事務所が解説をしております。

「どこに?何を揃えて?いくらあればいいのか?どれくらい日数がかかる?」などの疑問がこれを読めば解消できるかと思います。

【類似の手続きはこちら】
普通車の相続手続き
軽自動車の名義変更手続き

普通車を売買・譲渡・所有者変更する際に必要な書類

所有者“以外”の方が使用者となる場合(『新しく所有者になる方と新しく使用者になる方が別』の場合)には、追加で書類が必要になります。

▪️所有者と使用者が同じ場合(新所有者=新使用者)

必要書類説明
✅ 申請書など登録当日に運輸支局の窓口で入手できます。
✅ 車検証有効期間内の原本が必要になります。
車検切れの場合には名義変更の前に車検を通して置く必要があります。
✅ 印鑑証明書新旧所有者が用意します。
新旧所有者の印鑑証明書が必要になります。
有効期限は発行日より3ヶ月以内です。(例)12月1日発行→3月1日まで有効
✅ 譲渡証明書旧所有者が用意します。
旧所有者の実印を押します。記載例】【譲渡証明書
✅ 実印または委任状新旧所有者が用意します。
委任状は代理の方がお手続きをされる場合に必要となり、新旧所有者の実印を押す必要があります。1枚の用紙でなく別々の用紙になっても構いません。【記載例】【委任状
✅ 車庫証明新所有者が用意します。
おおむね1ヶ月(40日以内)有効です。

【名義変更(新所有者=新使用者)】代行をご依頼される場合には、車検証(原本)・印鑑証明書(新旧所有者)・譲渡証明書(旧所有者)・委任状(新旧所有者)・車庫証明(新所有者)をご送付ください。


▪️所有者と使用者が別の場合(新所有者≠新使用者)

必要書類説明
✅ 申請書など登録当日に運輸支局の窓口で入手できます。
✅ 車検証有効期間内の原本が必要になります。
車検切れの場合には名義変更の前に車検を通して置く必要があります。
✅ 印鑑証明書新旧所有者が用意します。
新旧所有者の印鑑証明書が必要になります。
有効期限は発行日より3ヶ月以内です。(例)12月1日発行→3月1日まで有効
✅ 譲渡証明書旧所有者が用意します。
旧所有者の実印を押します。記載例】【譲渡証明書
✅ 実印または委任状新旧所有者・新使用者が用意します。
委任状は代理の方がお手続きをされる場合に必要となり、新旧所有者の実印を押す必要があります。1枚の用紙でなく別々の用紙になっても構いません。【記載例】【委任状
✅ 車庫証明新使用者が用意します。
おおむね1ヶ月(40日以内)有効です。
✅ 住民票新使用者が用意します。
新使用者の住民票が必要です。印鑑証明書でも可能です。
※法人の場合には商業登記簿謄本(抄本)、商業閉鎖登記簿謄本等が必要になります。

【名義変更(新所有者≠新使用者)】代行をご依頼される場合には、車検証(原本)・印鑑証明書(新旧所有者)・譲渡証明書(旧所有者)・委任状(新旧所有者・新使用者)・車庫証明(新使用者)・住民票(新使用者)をご送付ください。


▪️旧所有者の住所が車検証に記載の住所と異なる場合

引っ越しなどにより、『車検証の所有者欄に記載されている住所』と『旧所有者の印鑑証明書の住所』が異なる場合には、旧所有者の住民票(住民票には1つ前の住所が記載されている)が追加で必要になります。

また、2回以上住所を変更している場合には戸籍の附票(過去の住所の変遷が記録されている)が必要になります。

普通車を売買・譲渡・所有者変更する際の手続き方法

普通車の名義変更手続きの流れ

では、名義変更に向けて準備をしていきましょう!

まず、必要書類を集めます。車庫証明などは交付までに1週間程度かかりますので、早めに用意しましょう。

次に、必要書類を持って、新しく所有者(使用者)になる方の管轄の運輸支局(陸運局)で登録を行います。登録は即日で完了します。なお、ナンバー変更がある場合には、自動車の持ち込みが必要になります。

最後に新しいナンバープレートを取り付けて終了となります。

実際に運輸支局での手続き方法につきましては、運輸支局に着いてからの手続き方法や手順をご参照ください。

普通車の名義変更の手続きはどこでする?

使用の本拠の位置(通常は住所)を管轄する運輸支局で登録を行います。千葉県の管轄は千葉県運輸支局一覧をご参照ください。

新所有者と新使用者が同じ新しく所有者になる方の管轄運輸支局
新所有者と新使用者が別新しく使用者になる方の管轄運輸支局

普通車の名義変更にかかる費用はいくら?

車庫証明が不要の場合やナンバーの変更がない場合は、登録手数料のみとなります。

かかる費用料金(千葉県)
登録手数料500円
車庫証明証紙代2,750円
ナンバープレート代(希望なし)1,490円
ナンバープレート代(希望あり)4,240円

普通車の名義変更にかかる日数は?

登録は即日で完了します。なお、車庫証明や希望ナンバーがある場合には、登録前に1週間程度かかります。

車庫証明1週間程度
希望ナンバー1週間程度
登録即日

千葉県の自動車名義変更代行お任せください!

✔︎ 代行の流れ

1,お問い合わせ
電話または公式LINE、お問い合わせフォームにてお問い合わせください。
2,必要書類の発送
必要書類を当事務所までお送りください。
3,手続き
書類到着後、お手続きを開始いたします。
4,車検証等の発送またはナンバーの取り付け
新しい車検証を発送いたします。また、ナンバーの変更がある場合には取り付けを行います。
5,お支払い
代金は後払いになります。

✔︎ 代行料金
料金からご確認ください。

✔︎ 日数
名義変更のみであれば即日で完了いたします。なお、車庫証明や希望ナンバーがある場合には1週間〜10日程度かかります

✔︎ ご送付いただく書類

①車検証:有効期間内の原本が必要です。
②印鑑証明:新旧所有者のものが必要です。
③譲渡証明書:旧所有者の実印が押してあるものが必要です。
④委任状:新旧所有者の実印が押してあるものが必要です。
⑤車庫証明:車庫証明の代行をご希望の場合には以下の書類も必要になります。
・申請書 ※作成代行可能
・保管場所使用承諾書または自認書
・地図、配置図 ※作成代行可能
⑥その他
・新所有者と新使用者が別の場合:新使用者の住民票、委任状、車庫証明
・旧所有者の印鑑証明書の住所が車検証と異なる場合:住民票(戸籍の附票)

ご覧いただきありがとうございました。ご依頼・お問い合わせはTELまたはLINE・メールなどから受け付けております。